その日のうちに現金化したお金を確実に振り込んでもらうために気をつけておきたいポイント

借入とは異なり手間がなく、スピーディーに現金調達できることから利用される機会も多いクレジットカード現金化。ただ、すぐにでも手元にお金を用意したい、早ければ早いほうがいいという理由で即日振り込みに対応している業者を探している場合、注意しておきたいポイントがいくつかあります。
即日振り込み可とあっても、手続きのタイミングなどによっては遅れてしまうケースもあるのです。

業者の営業時間や定休日を必ず確認

クレジットカード現金化業者の多くが24時間365日営業を謳っていますが、場合によっては定休日が設けられているところもあります。特に連休、年末年始等に取り引きを希望する場合には、手続きが後日に回らないように必ず営業予定を調べておくようにしましょう。
また、24時間営業とあっても深夜や早朝にも日中と変わらずにすぐ折り返しの電話が来る業者もあれば、受付申し込みフォームを利用することが可能なだけという業者もあります。後者の場合には深夜や早朝に申し込みをしても、日中の電話受付時間になるまで連絡が来ないため、急を要する場合にはすぐに対応をしてもらえる業者を探すようにしてください。

申し込みに必要なものを用意してから手続き開始

クレジットカード現金化には、ショッピング枠に利用残高が残っているカード以外にも身分証を必ず用意しておく必要があります。クレジットカードが間違いなく本人の名義であることを確認し、不正利用を防止するために提出をしなければならず、初回利用の場合には省略することはできません。
この2点を押さえておき、連絡をする前に準備をしておきましょう。ここでもたついてしまうと、それだけ時間をロスしてしまいます。
ただ、身分証の提出といっても免許証や保険証等を写真にとってメールに添付するのみで、確認自体は数分から数十分程度で終わります。身分証として利用できる書類は業者によっても違いますから、指定している書類をホームページ等で確認しておいてください。

振込指定先の口座を確認

2018年から各銀行にモアタイムシステムが導入されてから、ほとんどの銀行口座への即日、即時入金ができるようになりました。これまでは銀行窓口が開いている平日の15時以前を目安に手続きを行わなければ、現金化したお金を入金してもらうことが難しかったのですが、この辺りの対応がかなり柔軟になったのはメリットです。
ただ、現金化業者によって振り込みに指定できる銀行口座が異なってきますし、中にはごく少数ではあるものの、モアタイムシステムへの加盟を行っていない銀行も存在しています。即日振り込みを希望する場合には、24時間営業のネット銀行、もしくはこのモアタイムシステムに加盟している銀行の口座を必ず用意しておきましょう。